読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南天とジョウビタキ

ブローチ

明日から仕事が増えてくるが、なんとか合間を塗ってブローチ制作を行う。

来月の中旬から販売する予定。

 

最初はシマエナガのブローチの予定。沢山写真を撮ってこれたし、資料は山のようにある。その後はジョウビタキのブローチを作ろうかなと思っています。

 

f:id:newold0123:20170215000954p:plain

 

こんな感じのジョウビタキ♂を作れたらいいなと……。

 

ではまた。

シマエナガVSコガラ or ハシブトガラ

野鳥

どんどん野鳥の写真を載せないと追いつけないので、ここいらで放出。

 

先ずはシマエナガの飛び出し

f:id:newold0123:20170214000843j:plain

あらよっと

 

 

続いてはシマエナガVSコガラ or ハシブトガラ

"or"となっているのは、コガラとハシブトガラの識別が出来ないからです……。

調べてみると、頭の光沢の有り無しで識別出来るようですが、自分で撮った写真ではよく分からず……。

まだまだ勉強不足です。

 

f:id:newold0123:20170214001003j:plain

この野郎!

 

f:id:newold0123:20170214001101j:plain

ひぃっ!

 

f:id:newold0123:20170214001129j:plain

この枝は僕のだぞ!

 

f:id:newold0123:20170214001151j:plain

こいつ!

 

f:id:newold0123:20170214001032j:plain

けっ

 

レンズ越しに見ていたのですが、中々激しい争いでした。

厳冬期の北海道を乗り切る為には仕方がありません。見た目はかわいくとも大自然の中で生きる野鳥達の姿はとてもたくましかったです。

 

で、こちらは東京に戻ってきてからの数枚。

 

f:id:newold0123:20170214002242j:plain

冬鳥のツグミ

いかにも鳥ってフォルムでかわいい。

この時期ならどこの公園にもいますが、必ず1枚は写真撮ります。

地面を飛び跳ねる姿が愛くるしいです。

 

次はこちら。

f:id:newold0123:20170214002237j:plain

ゴイサギ先輩。めっちゃこっち睨んでます。

ゴイサギって、なんか厭世的な感じがします。

ヒロシですとかいいそう。

でも好きです。

 

最後はこちら。

f:id:newold0123:20170214002302j:plain

カワセミです。

小学生の時石神井公園で見たのが初めてでした。

その時はふーんって感じでしたが、まさか今この歳になって感動するとは思ってもいませんでした。

 

次もまた野鳥の写真を載せる予定です。

オオモズとオオワシとヤドリギ

野鳥

去年の9月頃初めてKさんの実家に行きました。その時はまだ望遠レンズを持っていなかったし、初めての挨拶で野鳥どころでは無かったわけではなく、畑を飛び回るノビタキの雄と雌をバッチリ見たりしましたが、その為に来た訳ではないと言い聞かせていました。

しかし、先月1月に訪れた時は150-600mmの望遠レンズ(タムロン)を手に持ち飛行機に搭乗。野鳥撮る気満々※

※北海道に行く前の土日は熱を出してしまいSTARVINGMANやSEVENTEEN AGAiNのライブに行けなかった上に、THE SENSATIONSの企画に行くことが出来なかったのでかなりフラストレーションが溜まっていた。

 

そんな感じで色々見れて色々撮れました。

 

 

f:id:newold0123:20170201232337j:plain

先ずこちら。

防風林の上に何かいるってことで、車を停めてもらい双眼鏡、カメラで見るもよくわからず。

 

丸い。毛玉。なんだ。シマエナガ?いや、全然違う。大きい。

なんだなんだ。

 

そんなこと言っている内に違う木に移動してくれたので再び撮影。

 

f:id:newold0123:20170201225518j:plain

それでもわからん!にしても丸くてかわいいなおい!

そんなこと思いつつバシャバシャ撮っているとまた移動。

 

 

そして……、

 

 

 

f:id:newold0123:20170201225502j:plain

 

あ!

 

オオモズ!オオモズだ!

 

持っている図鑑では★★★という珍しいモズ。日本では稀に見れる冬鳥・旅鳥だそうです。

オオカラモズというかなり似ている種類もいるそうですが、大きさと風切羽で識別出来るようで、帰ってから色々調べてみた結果恐らくオオモズなのではないかと……。

 

なんにせよオオモズを見れて嬉しかったです。

ちなみにモズのように尻尾をクルクル回すことはなく、ただひたすらジッとしていました。

 

次はこちら。

f:id:newold0123:20170201225509j:plain

オジロワシ

 

かっこいい。渋い。そしてでかい。

木の上に人間が膝をかかえて座っているような感じだった。

 

次はこちら。

f:id:newold0123:20170201225527j:plain

畑雪景色

キツネやウサギの足跡が沢山あったけど、結局見ることは出来ず。

 

次はこちら

f:id:newold0123:20170201225550j:plain

ヤドリギ

初めて見ました。

他の樹木に寄生して育つ植物だそうで、かわいいかわいいとお義母さんとKさんは言っていましたが、僕はちょっとだけ怖いなって思っていました。

寄生って寄生獣を思い浮かべてしまい、なんかミギーって感じで。怖いっす。

 

んでこの方

f:id:newold0123:20170201225637j:plain

オオワシ

もう何も言うことはない。

ただただかっこいい。

 

最後はこちら。

f:id:newold0123:20170201233948j:plain

ラスボスが集まってパーティーしていそうな雪山でした。

あとあれね。配給会社の冒頭のやつ。

 

ではまた。

レモンサワーと強風とシマエナガ

野鳥

風が強い。お父さんがワッハッハと風呂場で笑っちゃう位に風が強い。

草壁タツオさん。僕、あなたより年上になってしまいました。

知ってた?サツキとメイのパパさん32歳なんですよ。

ジブリ好きとか言ってくたせに、ついさっきWikipediaで知った。

 

それにしても風が強い。風が強い日は意味もなく不安になる。大人になっても何故か不安になる。

子供の頃、家で一人留守番している時に、雷が激しく鳴り始めてテーブルの下に隠れた。全然鳴り止まず、怖くてトイレに行けず、気が付けばおしっこを漏らしていた。

多分そのせいだ。

風より雷の方が怖い。

でも、風と雷どっちが不安になるか。軍配は風に上がる。

雷の音は怖い。でもちょっとテンションが上がる。落ちたらやばいけど。

 

ドンガラガッシャーン

 

全世界の金物を上空何千メートルから鉄板に叩きつけたみたいな音。

 

潔い。

 

光るし。

 

光ってうるさいとか男の子大好き。

 

対する風。

 

ビュービュー。ビューオーオー。

 

低い。音が低い。怖い。

 

低い音怖い。

 

隙間から入り込んで鳴る音怖い。

 

妖怪っぽい。妖怪が来そう。

 

だから怖い。

 

だから心配になる。

 

野鳥のことが。

 

野鳥を好きになってから色々疑問に思うことがあり、図鑑を買ったりネットで調べたりしているが、実際見ることが出来ないので本当に大丈夫かなと心配になる。

野鳥が雨風をどうしのいでいるのか?

 

藪や樹木にしがみついているのだろうが、種類によっては一見頼りないあの姿で一生懸命雨風に耐え忍ぶ……。

とはいえ、奴らは野生。僕なんかが心配しなくともたくましく生きているだろう。

 

雷が怖くて小便を漏らしたり、風が強くで不安になる臆病者ではないことは確かだ。

 

f:id:newold0123:20170130222522j:plain

これは今年野川公園で撮ったジョウビタキの雌。(僕はビタコと呼んでいる)

 

f:id:newold0123:20170130222549j:plain

これは去年末に昭和記念公園で撮ったジョウビタキの雄。(僕はビタオと呼んでいる)

 

ジョウビタキは冬鳥で、こちらに来たばかりはヒッヒッと鳴いて縄張りを宣言している。だからこの時期になるとあまり鳴き声をきかないなーと思うけど、それは去年と比較してなので実際どうなんでしょ。

 

野川公園の雌は近くに別の雌がいたのでしきりにヒッヒッ鳴いていました。

 

野鳥2年目。楽しいです。

 

ちなみに好きな野鳥はコゲラジョウビタキツグミです。

 

f:id:newold0123:20170130223217j:plain

f:id:newold0123:20170130223236j:plain

f:id:newold0123:20170130223310j:plain

この3枚はKさんの実家に行った時遭遇したシマエナガ

 

こいつらは反則的にかわいい。

 

ではまた。

 

1年経ったので野鳥のことと粘土のこと

ブローチ

一昨年の12月からバードウォッチングにはまった。

職場へ行く途中にある公園にいるカルガモの親子を毎日観察するようになり、巣立った後も池を見る習慣がついた。ある日、カルガモしかいない池に別の種類のカモがいたので、アプリで鳥の図鑑をダウンロードし調べてところ、マガモ(後にエクリプスという繁殖が終わった後の羽)だと分かった。

当時の僕はハト、カラス、カモ、スズメ、カワセミの5羽位しか鳥を知らなかったので、身近に色々な鳥がいるものだと、図鑑を見て思った。

 

そこからだった。

 

バードウォッチングなんて老後の趣味、なんて思っていたけども、ヨドバシのポイントがあったのでなんとなく双眼鏡を買って、なんとなく公園に行ってみたら、

 

「お!あれはなんだ?!シジュウカラ?ツーピツーピ鳴いててかわいい!」

 

と大盛り上がり。

 

最初のバードウォッチングはシジュウカラしか見れなかったが、それでも大変面白く、帰宅後Kさんにわいわいと話した記憶がある。

元旦に阿佐ヶ谷から善福寺川沿いを歩き西荻まで行った時、川にはキンクロハジロハシビロガモオナガガモコガモがいた。

 

こんなにも沢山のカモがいたなんて!

 

こうして僕の趣味にバードウォッチングが追加された。

直ぐに飽きるだろと思っていたが、昨年末にはカメラとレンズを購入する始末。

カメラ

Amazon CAPTCHA

フジヤにて中古で購入

 

レンズ

Amazon CAPTCHA

フジヤにて中古で購入

(レンズに関してはKさんは冷ややかな視線。すみません……)

 

そんなこんなで1年続いてまして、今日なんかは東京港野鳥公園イソシギを見に行きました。

(これまでに山とか公園ばかりで、海鳥を見に行ってなかった。今年は海鳥も沢山見たい)

 

とまあ書けばキリがないので、何回かに分けてこれまで見てきた鳥の写真を上げて、たらたらしようかなと。

 

とりあえず何枚かお披露目……。

 

 

f:id:newold0123:20170129173157j:plain

 

f:id:newold0123:20170129173007j:plain

f:id:newold0123:20170129173010j:plain

f:id:newold0123:20170129172952j:plain

f:id:newold0123:20170129172959j:plain

f:id:newold0123:20170129173002j:plain

 

おい。

 

なんだこの写真。鳥じゃねぇぞ!

 

はい。バードウォッチングを好きなってから一ヶ月後に、なんと石粉粘土やオーブン陶土でブローチとか置物作りにはまることになるが、それもまた後日……。