読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都立東京港野鳥公園での初鳥見3

 今朝仕事前に更新したばかりだけど、どんどん更新していかないと追いつかない。いつまでも経ってもタイムラグが。

 といつつ、根がのんびりなのでどうなることやら。

 

 さて、それでは続きを。

 

 カワラヒワ好きな海軍さん(体つきから勝手に判断)と別れ歩いていると、直ぐに東淡水地に到着。

 

f:id:newold0123:20170308200627j:plain

工業地帯に囲まれつつも、こうやってのんびりホシハジロキンクロハジロが浮かんでいるのは中々不思議な光景でした。

f:id:newold0123:20170308200648j:plain

 気持ちよさそうに寝ています。

 カモって気持ちよさそうに寝ますよね。朝仕事行く時小さな公園を必ず通るのですが、そこの池にいるカルガモ達も朝からグースカピーと寝ていて、羨ましく恨めしい。なんて。

 そういえばカモって夜行性なんですよね。そりゃ朝はグースカピーだね。

 

 そんなカモ達を後にし、次に辿り着いたのがネイチャーセンター。

 立派な建物で、中には野鳥に関する掲示物や展示が沢山あり、大変勉強になりました。施設の外にはシギがどのように渡ってきているかの説明も掲示されていて、とても興味深く拝見しました。

 

 とりあえずササッと全部回ってみようと思っていたので、次は潮入りの池へ。

 

f:id:newold0123:20170308201234j:plain

 GLAYのTERUを彷彿とさせる両手の広げっぷりですが、カワウです。

 カワウは羽の油分が少ないので、こうして広げて羽を乾かしています。

 しかしこのカワウ君、害鳥として場所によっては大変多く駆除されています。魚を沢山食べてしまい、鮎等の漁獲量に影響を及ぼしてしまうと……。

 共存※というのは中々難しいですね……。

 

※10年前の記事ですが、興味深いです

www.agri-kanagawa.jp

 

 そんなカワウを後にして、いよいよお目当ての……イソシギ……、

f:id:newold0123:20170308202031j:plain

 ではなくハクセキレイでした。灰色なので若鶏なのでしょうか?

 にしても君はどこにでもいるね。

 

 さあ次ことはいよいよお待ちかねの……イソシギ……、

f:id:newold0123:20170308202405j:plain

 ではなく愛しのカイツブリオオバンでした。

 今まで見たカイツブリは大体一羽でしかいなかったのですが、こうやって群れているものなんですね。かわいくてまとめてギュッと抱きしめたいと、観察小屋から熱い視線を送っていたせいか、カメラのAFの調子に急に悪くなり全然ピントが合わない不具合が発生。電源入れ直したら復旧。

 もしかして、さっき橋の方で"なんだカワラヒワか"なんて残念な扱いみたいなこと言ったから……。

 ごめんねカワラヒワ

 

 さて、ここまでお目当てのイソシギを見れていないものの、都会のど真ん中の埋立地に生い茂る豊かな緑と、水辺でのんびり過ごす野鳥達を観察出来るのはとても楽しく、ここに来ている人達は皆楽しそうでした。

 

 少し休憩して、再び池をうろうろ。

 

 

f:id:newold0123:20170308203114j:plain

 再びツグミに。色が薄いから雌なんでしょうか?

 雄雌の識別を検索すると、薄いからといってその個体が雌という訳ではなく、第一回冬羽という初心者では分からない状態だったりします。

 沢山観察して知識を吸収しないとね。のんびりやっていきます!

 

 

f:id:newold0123:20170308203559j:plain

 再び東淡水地へ行き観察小屋を覗いてみるとノスリがいました。こちらをジッと見ています。

 さっき上空を旋回していたのは君だったのね。

 にしても君はかわいらしい顔をしているね。カラスに追いかけられたりすることもあるそうで……。

 

 そんなノスリを撮っていると、目の前(といっても少し離れているけど)の木にモズの雌が。尻尾をくるくる回しています。

 

f:id:newold0123:20170308204036j:plain

 モズって雄も雌もかわいいですよね。

 でも図鑑を見るとたまにマヒワをいただいちゃうみたいで……。

 小さな猛禽という通り名は伊達じゃないですね。

 

 そんなこんなで段々といい時間になってきて、

f:id:newold0123:20170308204617j:plain

 なんか堅気じゃない野良猫もいたりして(僕は猫も好きなので……困ったものです)、こりゃ今日はイソシギ見れないと諦めました。

 

 でも、最後にネイチャーセンターに行ってレンジャーの人に聞いてみよう。

 

 てな訳でネイチャーセンターにいるレンジャーのお姉さんに聞いてみました。

 

僕「あのーイソシギって今日いますか?」

レンジャーのお姉さん「いますよ!えーっと……ほらあそこです」

 って見つけるの早ぇぇぇぇ!!すげぇぇぇ!

 と内心驚愕しつつも、お姉さんが指差す方にカメラを向けて

 

撮影してみると……、

f:id:newold0123:20170308204942j:plain

 そこには何もいないような……。

レンジャーのお姉さん「あの木の杭の右上ですよ」

僕「??……あ!」

 f:id:newold0123:20170308210954j:plain

 

 そう。いる場所からあまりにも離れていた為、望遠レンズでも豆粒のようでした。

 なので、備え付けのデジスコ?で覗いてみると、かなり鮮明にみることができました(それでも小さかったですが)。

 レンジャーのお姉さんに聞いてみると、近場だと千葉の方で観察出来るとか。

 でも、近くで見たいからといって、何も知らず近付いて野鳥を怖がらせてしまう可能性もあり、今はまだこの位の距離でもいいのかなと思いました。

 

 そんな訳でこの日の東京都立東京港野鳥公園での探索は終了!

 珍しい鳥を見れた訳ではありませんが、のびのびと過ごす野鳥達をじっくり観察出来るとてもよいばしょだなーとおもいました。

 

 1ねん1くみ えあだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当いい公園でした!また4月頃に行こうかな

 ではまた