ジョウビタキの雛?幼鳥?

先日、鳥見をしに山梨へ初遠征!

結果的に言えば天気にも恵まれず、全然見れませんでした……。

ウソ、キビタキクロツグミ等の鳴き声は聞こえたたのですが、姿は見れず。

来年またリベンジしたいと思います!

しかし、そんな中でもの凄い鳥と遭遇しました。

 

www.asahi.com

 

先日のエントリーでこの記事を紹介した直後にまさかの遭遇!

そう!ジョウビタキの雛?幼鳥に遭遇したのです。

お目当ての場所で野鳥を見ることが出来ず、奥さんとトボトボと道を歩いていると、畑の周りに打ち込んである杭の上に止まっている野鳥がいました。

その動きは、ジョウビタキ特有のあのぴょこぴょこ。

え?ジョウビタキ冬鳥だよね?まさか……と思い近付き撮影。

f:id:newold0123:20170820174815j:plain

f:id:newold0123:20170820174822j:plain

こ、これは!

雨が降っているの忘れその場で検索。

どうやらジョウビタキの雛、ではなく幼鳥で間違いなさそうです。

びっくりしました。

ジョウビタキが最近日本で繁殖しているという記事を読んだばかりだったので、その変化を目の当たりにするとは夢にも思いませんでした。

このままどんどん繁殖範囲が広がったら留鳥という扱いになるのでしょうか。

 

"山梨 ジョウビタキ 繁殖"で検索したところ、

日本鳥学会誌のPDFが出てきたので読みました。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjo/63/2/63_311/_pdf

2010年頃から既に繁殖していたのですね。

 

冬鳥だったのが留鳥になって例はあるのだろうか?

野鳥って本当に興味深いなと思いました。

 

で、後は山梨で撮れた野鳥達。

天気悪くてカメラを出すのもままならなかった。

f:id:newold0123:20170820175715j:plain

電線の上で囀っていたホオジロ

ホオジロの顔を見ると歌舞伎役者を思い出します。

f:id:newold0123:20170820175727j:plain

こちらの子ですが、キビタキ♀?サメビタキ?と全く分からなかったので、

オオルリの雌?サメビタキの雌? | 日本の野鳥識別図鑑

識別図鑑にて質問させていただきました。

そして回答があり、キビタキの♀だということがわかりました。

ありがとうございます!!

f:id:newold0123:20170820175747j:plain

電線でくつろぐツバメ達。

みんな気持ちよさそうに高原を飛んでいました。

 

来年こそは、高原で色々な野鳥に出会えたらいいな。